2016年10月26日

今年で19回目の開催となる、全国風サミットとは?

日本風力開発株式会社の大関桂さんをお迎えしています。

161024_ohzeki_1.JPG

今週10/28(金)には、石川県珠洲市にて
『第19回 全国風サミット in珠洲』が開催されます。
161026_kaze.jpg

主催は、風力発電に取り組む地方自治体で
構成されている、風力発電推進市町村全国協議会です。
「この協議会に参加している市町村を順番に回っていく形です。
 中には2回ほどシンポジウムとして
 開催されたこともあるそうです。」
今回の開催地である、石川県珠洲市は
能登半島の突端のため、海からの風が強い場所です。

全国風サミットの第1回は、”日本三大悪風” 清川だしが吹く、
山形県立川町(現:庄内町)にて、開催されました。
「風力発電は、風の強いところに建てますので。
 そういった悪風を、変えようと。
 他にも、岡山県、愛媛県にも悪風があるようです」
珠洲市は、再生可能エネルギーと土地の文化を融合させ、
現在では、風力発電所だけでなく、
バイオマス発電、太陽光発電なども多く設置されています。

欧米で増えている、洋上風力(海洋上での風力発電)。
日本では、まだ実績不足の状態です。
「どういう方法で設置すればいいのか、まだ研究段階です。
 国の方でも、経済産業省や環境省が実証試験というのを
 進めていらっしゃいますし、どんどん増えて行くとは思います」

今夜の選曲:GOOD TIME / 高橋幸宏

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9663



バックナンバー