2016年09月13日

三日月が作り出した奇跡の虹との出会い。過酷な撮影地での心得。

自然写真家の高砂淳二さんをお迎えしています。

160913_takasago_1.JPG

先月発売された最新写真集『Dear Earth』。
中でも、思い出深い写真は、”夜のエンジェルホール”だとか。
南アメリカ大陸北部のギアナ高地にある
世界最大の落差979mを誇る滝で、”滝壺がない滝”としても有名です。

1609_takasago_photo1.jpg

「山登りをして、登り終わった時に三日月が出てきて。
 光量はすくないけれど、山と滝は照らしてくれるかな、
 と思っていたら、その三日月が、”夜の虹”を出してくれて。
 初めてこんなに細い月での”夜の虹”を見て、驚きました」
薄い虹をきちんと撮影するため、
露光をかけていて、星もたくさん写っています。

高砂さんの訪れた国は、90カ国以上!
映画『アバター』のモデルにもなった、中国の張家界にも行かれています。
1609_takasago_photo2.jpg

「ここは行くのは遠かったですけど、完全な観光地で(笑)
 エレベーターがどーんと建ってて、透明な桟橋がありました。」

高砂さんは、奥様とお子さんを
撮影現場に連れて行かれることもあるそう。
「家族でなるべく良い体験を共有したいと思って。
 ハワイ通っていた時は、夜の虹とか一緒に見ました。
 他にはフィジーとかモルディブとか、、、
 家族を連れていくとなると、あんまり過酷な所には行きません(笑)」
過酷な場所には敢えて1人で行き、
チャンスを逃さず、朝から晩まで撮影に没頭されるのだとか。

今夜の選曲:WILD THEME / MARK KNOPFLER

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9621



バックナンバー