2016年09月08日

マジックで見せる夢と責任。福島県出身者として行うチャリティーとは?

イリュージョニストのShureiさんをお迎えしています。

160908_shurei_1.JPG

韓国・中国を筆頭にアジアでも
マジシャンの人口が増え、育っています。
そんなアジア、ベトナムなどにも
クルーズの仕事で行くというShureiさん。
そこで、モノを売りにくる子供達にマジックを見せたといいます。
「すごい食いついてくれて、もっと見せてって言われて。
 僕の子供の頃を思い出して、マジシャンって、
 夢のある責任ある仕事だなと思いましたね」

そんなShureiさんは、福島県の出身です。
「あの震災の後は微力ながらチャリティーでマジックしたり、
 避難所でもマジックさせて頂いたこともあります。
 ご年配の方も子供達も、興味を持って楽しかったと
 言っていただける事が多くあって、やってよかったな、と思います」
さらには、パフォーマンスだけでなく、マジシャンとして
社会貢献ができないか、と考えるようになったそう。

介護施設でもマジックを披露された経験もあり、
マジックをする事で手を動かし、脳を活性化させる、
何かしらのプロジェクトも今後やってみたい、とも。

今夜の選曲: EVERY LITTLE THING SHE DOES IS MAGIC / POLICE

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9616



バックナンバー