2016年08月30日

オシャレ集団サプールの基本ルールとは?

写真家の茶野邦雄さんが撮影した
アフリカのオシャレ集団サプール。

160830_chano_1.JPG

サプールは地域でグループがあり、そこに属したり、
属さず活動したり様々ですが、縦社会が浸透しているそう。
「サプール歴が長い方が、偉いんですよね。
 ただ、コンゴ人自体がサプールという考えもあるんですよ。」
スーツ1着だけでもサプールを名乗れば、
その日からサプールになれるそう。

基本は3色でコーディネートすることが
サプールの大事なルールのようです。
写真集『平和をまとった紳士達』を見ると、
それがよくわかります。
「でも、ベテランは3色以上使ってもいいって(笑)
 やる人の事をサップとかサペとか言うんですけど、
 行動する団体、総称がサプールです」

サプールは、働きお金を稼ぐ事が大切とされています。
そのお金で衣装を購入したり、移住した親戚に頼んで
本場のパリから送ってもらうケースも。
「みんな、だいたい結婚してるんだけど、
 スーツをたくさん持っている奴ほど、離婚してますね。
 理想のサプールは、働いた収入をきちんと家庭に渡して、
 お小遣いの中でファッションにお金を使う、と。」

今夜の選曲:HAMBAYI EDE / PAPA WEMBA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9607



バックナンバー