2016年08月29日

アフリカのオシャレ集団、サプールとの出会いとは。

写真家の茶野邦雄さんをお迎えしています。

160829_chano_1.JPG

90年以上の歴史があり、アフリカのコンゴで生まれたという、
平和のメッセージを発信するオシャレ集団”サプール”。
今年7月、茶野さんが日本に招いた”サプール”は、
元フランス植民地の、アフリカ・コンゴ共和国の方々で、
実際に会うと、サプールは自由人そのもの、と茶野さん。
「沖縄に住んでいるんですけど、
 暑いところに住んでいる人は、”てーげー”ですね(笑)」

そんな茶野さんが、昨年2月に
アフリカ・コンゴ共和国に渡り、サプール達を撮影した
写真集『平和をまとった紳士達』が発売中です。

サプールの存在を知ったきっかけは、最近で、
ヨーロッパ用に制作された、サプールが出演していたビールのCM。
「最貧国と言われる国で、ハイブランドのスーツを買って。
 ただ街歩くだけなんですよね。変でしょ!?
 なんでこんな事しているのか、疑問で。」
さらに、平和のメッセージもシンプルでそこにも惹きつけられたとか。

今夜の選曲:BAKWETU / PAPA WEMBA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9606



バックナンバー