2016年08月26日

パラリンピックを知って、新たな社会を見るレンズを手に入れよう。

元水泳選手で、日本パラリンピアンズ協会会長の
河合純一さんも共著されている本、
「パラリンピックを学ぶ」(早稲田大学出版部)を
活用した早稲田大学の授業『パラリンピック概論』は
全学部共通科目の授業です。

160826_kawai_2shot.JPG

スポーツ医科学ではなく、
理系文系問わず、幅広い学生に向け
スポーツマーケティング、ビジネス、自然科学
などの視点で講義を行われていたそう。
「パラリンピックを知ることで
 新たな社会を見るレンズを手にいれる授業で、
 そういう思いで授業してきました」

障がい者スポーツの国際大会は多くありません。
「そんなに多くはないんですが
 国際大会を増やしつつ、海外の選手を日本に招いて
 競うチャンスが増えればいいなぁとは思います」
パラリンピアンズとして河合さんは、
“楽しさと笑顔”を大切に、これからも活動を続けていきたい、とも。

リオパラリンピックは、9/7(水)から開催です!

今夜の選曲:TWILIGHT / ELO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9603



バックナンバー