2016年08月24日

まだまだ足りないパラリンピックの知名度。東京で成功させるためには?

元水泳選手で、日本パラリンピアンズ協会会長の
河合純一さんをお迎えしています。

160824_kawai_1.JPG

全部で500以上のメダルがあるパラリンピックは、
陸上、水泳、自転車の3競技で7割近いメダルを占めます。

「リオの場合、22競技のうち、528個の金メダルがある
 という考え方で、自分にあった種目を選んで
 決めるというのが大切です」
例えば、視覚障がいの選手が出られるのは9つ、
知的障がいの選手が出られるのは3つ、と決まっています。

パラリンピック自体の知名度は上がっているものの、
実際の競技内容や選手については、まだまだ、と河合さん。
書籍もパラリンピックの内容を広めるための1つの
手段として準備されたそう。

アトランタから20年以上に渡り、
パラリンピックに関わってきた河合さんは、
年々、知名度向上や人気向上を感じるとか。
「水泳は決勝ともなると人気競技なので、
 大声援をいただいていました。
とはいえ、他の競技の話を聞くとまだまだかなと。
 ただ4年前のロンドンでは、ほぼすべての会場が満員になって
 大成功、という評価だったので、リオ、東京は
 それを超えていくという使命を帯びているかな、と思います」

ロンドンの公共テレビ局、Channel 4 が手がける、
今回リオのパラリンピックのプロモーション動画が話題になっています。
We're The Superhumans | Rio Paralympics 2016 Trailer

「実際に今回のリオは、大会本番の生放送を含め、
 様々な局で、見ることができるそうです。
 12日間!お祭りを楽しんで、応援頂けると嬉しいです。」

リオパラリンピックは、9/7(水)から開催です!

今夜の選曲:CONFUSION / ELO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9601



バックナンバー