2016年08月25日

2020年に向けて、心のバリアフリーが行き届いた東京へ。

日本パラリンピアンズ協会会長の河合純一さん。

160822_kawai_1.JPG

最近では、”障がい”に関する思考の変化も
起こっている、と河合さん。
「以前では、事故で歩けなくなったとか、いうように、
 ”障がい”は個人のもの、だったんですが。
 最近では、店に段差があって買い物できなかったとすると、
 段差があった事、社会が”障がい”を生み出すんだ、という
 社会モデルになって、誰もが暮らしやすい社会に繋がっていきます。」
”障がい”を他人ごとしないことで、心のバリアフリーが生まれ、
誰もが暮らしやすい社会を作る1歩になっていく、とも。

現在東京は、2020年オリパラに向けて、ユニバーサルデザイン、
心のバリアフリーに基づく街づくりをおこなっています。
「とりわけ教育については、
 オリンピック・パラリンピック教育という形で
 東京都、組織委員会も一丸になって、
 スポーツを通じて人々の意識改革をしていくチャンスが
 2020年なんだ、という思いで活動しています。」

パラリンピックの究極の目標は、
パラリンピアンズの活躍を見てもらい社会変革!
まず一歩目は、観戦者の心に変化を起こす事だとか。
「自分の限界を突き抜け、
 残念ながらまだ残る人々の偏見、差別を突き抜け、
 パラダイムシフトを起こしていこうと活動しています」
世界のモデルとなるような、誰もがスポーツを楽しめる社会に
日本がなれれば、と河合さん。

リオパラリンピックは、9/7(水)から開催です!

今夜の選曲;LIVIN’ THING / ELO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9602



バックナンバー