2016年07月21日

いなくなった野ウサギやフクロウ。住んでいるからこそ感じる、鎌倉の変化。

葉山セーリングカレッジ インストラクターの
鈴木知さんは、長年鎌倉にお住まいで、
起きている変化を感じるそう。

160721_suzuki_1.JPG

「特にレンジャーの先輩方から話を聞くと、
 昔は松がたくさんあったみたいだし。
 僕らが子供の時は、野ウサギもフクロウもいたけど、
 今はもう両方居ないし。」
反対に、アライグマやたぬき、ハクビシンはよく現れ、
庭を荒らすようになっているとか。

今から40年前に、イギリス発祥のナショナルトラストを
日本で初めて取り組んだ”御谷(おやつ)の森”も鎌倉です。
そのため、他の地域よりも自然が多いものの、
住宅街が増え、自然が少なくなったのが、
1つの原因かもしれない、と鈴木さん。

また、鎌倉は国内外問わず、観光客も多い場所です。
「ゴミ問題も、今では昔に比べたらキレイですよ。
 でも、その分ゴミを十何種に分別するとか、
 ゴミの量を減らすとか、各家庭に対しては
 プレッシャーはあるんじゃないんですかね」
現在では、逗子・鎌倉・葉山などの
海岸の清掃=ビーチクリーンの活動が盛んになっているそう。

今夜の選曲:SEA CRUISE / BEACH BOYS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9567



バックナンバー