2016年06月30日

シリアの惨状が映された、ドキュメンタリー映画。

考古学者の山崎やよいさんをお迎えしています。

160630_yamazaki_1.jpg

内戦の惨状を、シリアの人々が携帯などで撮影し
youtubeにアップしたものを、パリにいる
シリアを離れた映画監督が1本の映画にした、
ドキュメンタリー映画『シリア・モナムール』

%E2%98%85%E6%9C%AC%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%EF%BC%BFsyria_H1_NH.jpg
2014 - LES FILMS D'ICI - PROACTION FILM

この映画は、2014年カンヌ国際映画祭で称賛され、
2015年山形国際ドキュメンタリー映画祭で優秀賞を
受賞しています。

実際にシリアで生活されていた山崎さんは、
この映画を見て、複雑な思いだったそう。
「爆撃された黒焦げになったお皿とか、
 普通の家の裏庭の草を、そこに垂れてる露を、
 私、知っているって。望郷の念を持つんです。」

sub8.jpg
2014 - LES FILMS D'ICI - PROACTION FILM

さらに、現地からのメッセージにも、
大丈夫としか返せない、空虚なコミュニケーションを
突かれたようにも感じたとか。
「私は、幸せな時しか知らなくて、、、
 その時の幻影を追っていて。
 中にいる友人たちの苦しみを、
 分かっているよって言いながら、実は分かっていない。」

ドキュメンタリー映画『シリア・モナムール』は、
2016年5月下旬よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開です。

今夜の選曲:SOMETHING IS HAPPENING / FAIRUZ

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9544



バックナンバー