2016年06月28日

中世の石畳、建築が残る街並み。シリアに魅せられた理由とは?

考古学者の山崎やよいさんを
中学高校時代で、歴史を勉強するなかで、
楔形文字などがあるメソポタミア文明に
より興味を持たれたとか。

160628_yamazaki_1.jpg

その後、広島大学に入学されましたが、
エジプトなどの研究は殆ど無く、
日本の考古学の研究が多かったそう。
土器片などを掘る作業をしていたのだとか。

1989年に、メソポタミア近辺を実際に見たいと、
奨学金を受け取り、2年間の予定でシリアへ渡航されました。
「でも、、、ミイラ取りがミイラになった、というのは、
 まさに私のことで(笑) それから、2012年まで、
 行きっぱなしになってしまいましたね」

現地で、博物館の学芸員をされている方と意気投合し、
ご結婚もされた山崎さん。
滞在していたのは、シリア・アレッポでした。
「のんびりとした、街でしたね。
 今はもう破壊されてしまっていますが、
 13世紀とかの石畳、建物が残っていて。
 とにかく人が優しくて、街も中世の名残があって。
 スークという市場では、人懐っこい商人たちがいて、
 いきなり行っても昔から知っているような、
 リラックスできる街でした。」

今夜の選曲:KIFAK INTA / FAIRUZ

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9541



バックナンバー