2016年06月21日

劣等感から生まれた!自分らしさを求める挑戦の数々。

中野修二さんが代表取締役を務める
株式会社 Good Try JAPANは、中学生、高校生に
社会に出ることを考えるきっかけを与える
プログラムをされています。

160621_nakano_1.JPG

中野さんご自身は、もともと劣等感の塊だったそう。
「2つ上の兄が、とても優秀で。その兄と比較して、
 なぜ自分はできないんだろうと思っていたんです。
 でもある時、自分は兄と比較しても意味がなくて、
 違うところで強みを発揮すればいいんだと思った時、
 楽になった、という経験があります。」

そんな中野さんが、大学で分子生物学を専攻されたのは
医療に関わりたいという思いから。
「そもそも自分に研究に向いていないというか、
 全然ワクワクしてないなっていうことに気づいて(笑)」
その後、株式会社リクルートに就職されました。
「会社の中でそこそこ認められるとこまで行ったんですが。
 ここでいいのだろうか、という疑問が湧いてきて。
 在職中に色々挑戦していきましたね」

今夜の選曲:I’M A BELIEVER / MONKEES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9532



バックナンバー