2016年06月15日

プラネタリウム男の子供時代から、会社員になるまで。

プラネタリウムクリエイター大平貴之さん
半世紀を綴った本「プラネタリウム男」
6月14日、講談社新書から発売されました。

160615_oohira_1.JPG

著書にもありますが、大平さんは
植物が大好きな少年で、科学にも興味をもっていました。
「人付き合いは苦手で、仲良くしようとしても、
 なかなかうまくいかないことが多かったですけど(笑)」
それでも、10年ぶりに大平さんと会ったという
小黒さんにとっては、だいぶ丸くなった、と感じていました。

プラネタリウム製作のために大学を休学されますが、
卒業をさえ、大学院へも進学します。
「通学時間とかアルバイトの時間とか、いろいろあって。
 保守的で、レールに乗る部分もあります。」

大学院卒業後は、ソニーに入社されます。
「ソニーで経験した事は、僕にとってとても大きかったです。
 ありがたい出来事でもあったし。
 大企業の葛藤とか、、、なかなか大きい会社って、
 宿命的に経営者たちも悩んでいて、大変ですよ」

今夜の選曲:SECTION ⅢB / STEVE REICH

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9525



バックナンバー