2016年06月14日

世界のプラネタリウムが集まる国際会議とは?

プラネタリウムクリエイター大平貴之さんは、
1998年にプラネタリウム会議ロンドン大会で
初めて「メガスター」を発表されました。

160614_oohira_1.JPG

「星の数は何個かと聞かれた時、100万個というと、
 英語がかなり下手くそだったんで、
 言い間違えたと思われたんです」と大平さん。
星を投影すると、みんな驚き、やっと信じてもらえたとか。

2年に1回開催される、国際プラネタリウム会議。
今年は、ポーランドのワルシャワで開催されます。
「ワルシャワは、メガスターを常設している施設で。
 教育関係者が世界から集まってきます。」
メーカーや学芸員、映像製作会社なども参加し、
天文学の教育に関する話し合い、見本市などを行います。

大平さんは、会議でも”変わり者”とみられているそう。
「大手のメーカーではなく、個人で出てきて、
 驚くもの発表して、皆さんもびっくりして。最近では、
 ”あいつ何するのかな~”って思われているみたいです(笑)」

今夜の選曲:SECTION ⅢA / STEVE REICH

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9524



バックナンバー