2016年06月10日

のこぎりを通して知る、新たな木の魅力。かんなくずは食べられる?

ミュージカルソー(のこぎり)奏者で作曲家の
サキタハヂメさん

160610_sakita_2shot.JPG

奥河内でサキタさんが考案し、職人たちが作った、
弦楽器や管楽器、丸太のパイプオルガンの原型、
奥河内の三弦”オッカサン”など。
これらは、スギやヒノキを使用したものです。
「演奏会も9月11日の世界民族音楽祭で、
 かんなくずの着て、衣装をそれらの楽器を演奏して。
 木を総合的に面白がるようなフェスティバルにしたいです」

今、”木”や、”おじいさん” に興味もあるというサキタさん。
7月14日に共演する、クラシックピアニストの、
ロイ・イートンさんが出す音色に、釘付けだとか。
イベント詳細はこちら

「のこぎり奏者として、木には計り知れない面白さがあると
 気づきましたので、、、!いまや、のこぎりより、
 木のが好きかも(笑) かんなくずの佃煮と、酢の物、
 ザラメを使用した綿菓子を今作ってて、、、」
 木への愛が溢れているサキタさんでした。

今夜の選曲:ハンガリー舞曲第5番 / サキタハヂメ

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9517



バックナンバー