2016年06月08日

演奏する場所で変わる音色と、改めて感じる木の魅力!

ミュージカルソー(のこぎり)奏者で作曲家の
サキタハヂメさんをゲストにお迎えしています。

160608_sakita_1.JPG

ミュージカルソー(のこぎり)は、演奏する場所が大事だとか。
のこぎりは、ギターやヴァイオリンと違い、
響かせるボディが無いため、響く空間がボディの代わりになります。
「最近では、地下駐車場や教会など響く場所で
 いろいろ演奏しています。」

7月14(木)には、フクモリ マーチエキュート神田万世橋店にて、
サキタさんのライブがあります。
ニューヨークで出会った、クラシックピアニスト、
ロイ・イートンさんとのライブ、それぞれの演奏部分もあり、
数曲セッションもされるそう。
イベント詳細はこちら

最近は、のこぎりを演奏しる中で、”木”に興味が出てきたサキタさん。
「木の1本1本が、パイプオルガンのように鳴らないかなーって(笑)」
そんなサキタさんが、大阪の河内長野市で始めたのが
「山を鳴らすプロジェクト」です。
ただ山で演奏するのではなく、山と共鳴するような演奏を目指しているそう。

以前、400匹鈴虫と共演したとき、
たくさんの鈴虫がのこぎりの音の反応したのだとか。
「山の中で自分が弾く事によって、何か反応が返ってくる、その方法が、
 他にもあるんじゃないかなって、活動しているのがこのプロジェクトなんです」

今夜の選曲:COLORS / サキタハヂメ

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9515



バックナンバー