2016年05月26日

キース・ヘリングの人生を感じる美術館とは?

俳優、演出家の岸谷五朗さんは、先日
世界で1つしかないキース・ヘリングの美術館、
「中村キース・ヘリング美術館」に行かれたそう。

160524_kishitani_%20logo.jpg

160524_kishitani_1.jpg

美術館自体もアートな建物で、HIVに苦しみながら、
世に残そうとした後期の作品にも出会える美術館です。
「彼の人生が、中村キース・ヘリング美術館で見られますね。
 泊まれますし、温泉もありますし!」

岸谷さんが演出を手がける舞台
『ラディアント・ベイビー ~キース・ヘリングの生涯~』では、
キース・ヘリング役の柿澤勇人さんは、実際に絵を描くシーンも。

この作品は、もともと2003年のオフ・ブロード
ウェイミュージカルで、その当時の出演者たちは
揃って上演後に大活躍するようになった名作でもあります。
「みんな、このラディアント・ベイビーをきっかけに
 大きくなった役者がたくさんいたんですよ」

今夜の選曲:I CAN’T WAIT / NU SHOOZ

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9502



バックナンバー