2016年05月13日

音楽を通じて行う、障がいを超えた子供達とのコミュニケーション。

和太鼓奏者で、パーカッショニストの
片岡亮太さん。最近では、
子供たちと関わる活動もされています。

160513_kataoka_2shot.JPG

例えば、視覚特別支援学校での和太鼓の指導や、
健常者の子供達にも自身の経験を伝える講演など。

聴覚障がいの子供達に教える時には、
子供達と手をつないで足踏みしたり、
肩をたたいてリズムを取るなど工夫が見れています。
「でも、僕は彼らの動きが見えていないので、
 僕は彼らの動きを触るので、双方向のやり取りです。」

片岡さんは、アフリカに行ってみたいという希望も!
「考えただけでドキドキしちゃいますね~」

今夜の選曲:HONOKAZE (ほのかぜ) / AJARRA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9487



バックナンバー