2016年05月12日

アメリカでの生活と、ユニットの結成。

和太鼓奏者で、パーカッショニストの
片岡亮太さんは、ファンクミュージックが好きで、
アメリカ滞在中は、ハーレムで生活されていました。

160512_kataoka_1.JPG

ハーレムの住人たちはやさしく、
15分間の散歩をしてみると、”そのまま行くとぶつかるぞ”
”途中までいっしょに行くよ”など、6回も話しかけられたそう!

「遠くで叫び声がしてて怖いな~って思って、よく聞いたら、
 ”今青だから渡って良いぞー!”って
 僕に向かって叫んでくれていたたこともあります」
一方で、気を抜いていると、お金の要求をされるのは
健常者と同じで変わらない!とも。

現在片岡さんがされている、ユニット:AJARRIAの
ジャズフレンチホルン奏者の山村優子さんとも、
このアメリカでの生活で出会ったそう。

アジャーリアとは、造語。
「彼女が突然、ぼーっと、アジャリャ、、、と言ったんです。」
仏教の阿闍梨のサンスクリット語の発音が、”アジャーリャ”であること、
片岡さんが以前、酒井雄哉大阿闍梨に出会っていたことなどから、
縁を感じ、ユニット名を”アジャーリア”に決定。
ニューヨーク滞在の最後の1ヶ月に、アルバムの制作もしています。

今夜の選曲:HAYAMI (速彌) / AJARRA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9486



バックナンバー