2016年05月10日

視力を無くして感じた孤独と、社会福祉を勉強しようと思ったきっかけ。

生まれつき弱視で、目が不安定だった和太鼓奏者で、
パーカッショニストの片岡亮太さん
10歳の時網膜剥離になり、完全に視力を無くされました。

160510_kataoka_1.JPG

失明した人生に絶望し、今後も見える希望がない、
ということに、徐々に孤独感を感じるように。
今でも、当時のことを思い出しても、
時系列がはっきりしないほど、ショックを受けていたそう。

片岡さんは、もともとミュージシャンになろうと
思っていたわけではありませんでした。
上智大学に進学し、
社会福祉学科を首席で卒業されています。

社会福祉を勉強しようと思ったきっかけは、
盲学校に通うようになり、社会で感じたことでした。
「僕が居た盲学校は、知的なハンディを持っている
 友人がたくさんいるんです。
 僕は社会に出た時、最初は障がいのある子として扱われても
 普通にしゃべれるので、壁が取り払われていくんです。
 でも、知的障がいの重度の友人だと、
 ”なんだかわからない人たち”という扱いをみんな受けていて。
 自分にとっては、ただの友達、なのに。」

修学旅行では、友人たちと共に移動すると、
異様な視線を片岡さんも浴びたそう。
「僕は視力が無いから、難しいかもしれないけれど、
 彼らの生活、彼らの家族の支援ができたら良いなぁと思って、
 社会福祉学科に進みました」
と片岡さん。

今夜の選曲:HOSHIAI NO SORA (星会いの空) / AJARRIA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9484



バックナンバー