2016年05月09日

和太鼓を中心に、様々な民族楽器を取り入れたパフォーマンスとは?

和太鼓奏者で、パーカッショニストの
片岡亮太さんは、三島市在住。

160509_kataoka_1.JPG

本日は収録のために、
お一人で電車でいらっしゃいました。
1人でといっても、駅ごとで駅員さんたちの
サポートがあり、”支援のチェーン”を経て、
移動することが可能です。
地元・三島では駅員さんとも顔も知りで
声をかけてくださるようになっているとか!

片岡さんの演奏スタイルは、和太鼓を中心にして、
様々な民族打楽器を取り入れた演奏です。
アフリカのジャンベやチベットのフィンガーシンバル、
ドラ、ホーミーという歌唱法を使われています。
「和のテイストに入ったら面白いなと思ったものを
 積極的に取り入れるようにしています」

昨年は丸の内にあるMC FOREST前広場での
演奏もされています。
「あの時は大きいもの4つ、細かい鈴やベルを使ったりして。
 お客さんも非常に喜んでくださって、
 最後は手拍子もしていただいて、いい思い出です!」

今夜の選曲:DAICHI (大地) / AJARRIA

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9483



バックナンバー