2016年05月24日

20年以上続ける、アクト・アゲインスト・エイズ。

俳優、演出家の岸谷五朗さんをお迎えしています。

160524_kishitani_%20logo.jpg

160524_kishitani_1.jpg

岸谷さんが演出を手がけられる舞台
『ラディアント・ベイビー ~キース・ヘリングの生涯~』
間も無く上演スタートです。
作品の中には、キース・ヘリングを取り巻く様々な人物、
アンディー・ウォーホールなども登場します。

岸谷さんは、20年以上、「アクト・アゲインスト・エイズ」
というチャリティー活動を続けていらっしゃいます。
「毎年続けることって、本当に大変ですよ。立ち上げのときには、
 キース・ヘリング財団に話を持って行ったんです。」

そして、「アクト・アゲインスト・エイズ」のシンボルとして
キース・ヘリングの絵が掲げられるようになったとか。
「キースの絵という、強い味方がなかったら、こんなに長い期間
 啓蒙啓発が続けられなかったかもしれない。」
複雑なメッセージを、簡単な絵で表現していることこそが、
キース・ヘリングの絵の魅力でもある、とも。

今夜の選曲:DREAMING / BLONDIE

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9498



バックナンバー