2016年04月28日

本業の額縁店での奮闘。オリジナルの写真を作る新しいワザ。

日本肢体不自由者卓球協会 広報の
立石イオタ良二さんの本業は、博多で操業95年の
「立石ガクブチ店」の4代目でもあります。

160428_tateishi_1.JPG

多くの額縁屋が閉店になる中、立石さんのお父様が、
大量生産ではなく、オートクチュールの額縁を始めたそう。
「通常のものよりも高値にはなりますが、
 その絵にあった額装になるように作ります」とのこと。
スポーツ用にメダルと賞状を一緒に飾れるものや、
額縁とフラワーアレンジメントのコラボレーションを母の日に行うなど、
様々な企画もされています。

いつも額縁を持ち歩いてらっしゃる立石さん。
今回スタジオにもお持ちいただきました!
「これを持ち歩いて、顔を入れたり、景色を入れたり。
 撮った写真をSNSに載せてもらったり。
 海外遠征に行った際も、額縁スナップ写真をとってます」

額縁スナップ写真=額スナは、
5月8日(日)に、東京・丸の内 KITTEにて体験できます。

今夜の選曲:AURKIA ETA INFRENTZUA / OREKA TX

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9472



バックナンバー