2016年04月26日

強化費不足のため自費で活動する選手や指導者他たちの現状。

日本肢体不自由者卓球協会 広報の
立石イオタ良二さんは5人兄弟で、
長男である立石アルファ裕一さんは、
肢体不自由者卓球の選手です。

160426_tateishi_1.JPG

立石アルファ裕一さんは、
先天性二分脊椎症を患い、手術の後遺症もあり、
つま先の神経は感じにくく、
かかとだけで歩くような生活だとか。
「見た目ではシューズを履くのでわかりにくいんですが、
 卓球においては、かなりのハンデです。」
アルファ裕一さんは、中学から本格的に始め、
現在では世界では30位の成績をおさめています。

障がい者卓球では、国際大会での参加は、全て自費。
国からの強化費では、健常者では1億数千万が出ている中、
肢体不自由者卓球協会には、410万円にとどまっています。
年に2回の全国大会運営、合宿での交通費などで
ほぼ無くなってしまうのが現状だとか。

「とにかく、費用ということもありますが、
 1番は”とにかく知ってもらうこと”、ですね。
 健常者と障がい者の相互理解というのを深めて
 障がい者卓球を知ってもらうってことが
 1番大切だと思っています」と立石さんはおっしゃいます。

今夜の選曲:AMA LUR / OREKA TX

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9470



バックナンバー