2016年04月14日

出来る事からやる支援。被災地に今後必要なものは、自立。

音楽プロデューサー、作詞作曲家
かの香織さんは、
「一般社団法人 みやぎびっきの会」で理事を務めていらっしゃいます。

160414_kano_1.JPG

「一般社団法人 みやぎびっきの会」では、被災地である
岩手県・宮城県・福島県の沿岸部を中心に、
子供たちの心の支援をされてきています。
“びっき”は、蛙のこと。
故郷に恩返し、という意味で蛙!とのこと。

子供たちの心のケアの支援をされたのは、
後回しにされてしまいがちな部分だと感じたからだそう。
「子供たちはどんどん成長していくけれど、
 部活で遠征できない、文化祭ができませんって、、、
 そういう細かい所を自分たちが出来るを、重ねてきました」
地元で情報を得ていた「みやぎびっきの会」ならではの
被災地支援のかたちです。

ハワイの支援団体「レインボー・フォー・ジャパンキッズ」
連携を取り、復興県の子供たちを10日間程度、
ハワイの教育合宿に送るという活動も。

東日本大震災から5年が経った今年。
今後、被災地に必要な事について伺いました。
「今後は、自立に進むきっかけを作る、という事ですね。
 どうやって自分たちは生きていくかを考えて、
 個性を生かしながら、進むためのきっかけ、支えを作っていきたいです」

今夜の選曲:青い地球はてのひら / かの香織

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9455



バックナンバー