2016年04月13日

地元宮城県栗原市で感じた、希望の光とは?

音楽プロデューサー、作詞作曲家
かの香織さんの地元は、
宮城県栗原市の親善大使「栗原ドリームアンバサダー」
務めていらっしゃいます。

160413_kano_1%20.JPG

栗原市は、岩手県に隣接し、
東日本大震災では震度7を記録した場所です。

そんな栗原市で先日、ソトコトの指出編集長との
トークイベントをされた、かの香織さん。
雑誌ソトコト5月号の中にあるレポートで、
“目がさめるような思いをした”と書かれています。

「地元では、若い人がいないね、って暗い話ばっかりで。
 そんな中、指出さんから、全国の町おこしの実例を
 たくさん教えていただいたんです。田んぼでのワークショップとか、、、
 何もないからダメだって思い込んでいた私たちが、
 ”やれる事ってたくさんあるよね!”と思えたんです」

また、トークが行われたのは、”cafe かいめんこや”
このカフェはリノベーションされたお店です。
ここ数年では、面白い若者が少しずつ街に戻ってきているそうで、
希望の光を垣間見ている、と、かのさん。

今夜の選曲:魔法にかかれ / かの香織

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9453



バックナンバー