2016年03月29日

頭脳で戦うスポーツのキャプテンとして。なんのために勝つのか。

先日丸の内MC FORESTで行われた
番組公開収録の模様をお届けしています。
ゲスト、ラグビー ワールドカップ・イングランド大会
日本代表の廣瀬俊朗さんの著書、「なんのために勝つのか
(ラクビー日本代表を結束させたリーダーシップ論)」

東洋館出版社から発売されています。

160329_hirose_1.jpg

体格だけではなく、頭脳も必要となる競技:ラグビー。
そんなラグビーの選手として、廣瀬さんは2012年に
日本代表のキャプテンに指名されました。
「まずはみんなの事を尊敬している事を見せて、
 士気を高めていくところからでしたね。」

廣瀬さんが最初の大義としたのは、
“日本代表チームが1番有名で憧れのチームになること”。
「もともと日本のラグビーの歴史は、慶応で始まっていて
 大学ラグビーが人気を引っ張ってきた背景がありました。
 ですが、日本代表がトップであるべきだと考えて、
 その状態まで僕らも頑張ろう、という話をしていました。」
休憩中、ミーティング中、移動中など、様々な時間を使い、
思いをチームメイトに伝えていったそう。

今夜の選曲:YOU’RE WONDERFUL ONE / MARVIN GAYE

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9435



バックナンバー