2016年03月17日

ミャンマーへの社会投資。まずは、外貨を稼ぐこと。

投資家の 房広治さんは、2014年から
ミャンマー・レストレーション・ファンドの
運営に携わっています。

160317_fusa_1.JPG

最初ミャンマーに訪れた、2012年2月の時点では
手探り状態だったそうですが、ミャンマーでこの先
成功するであろうと予想される、農業と水産業に
投資をされることになったのだとか。

最初にスタートしたのが、バゴーにある精米所!
(現在建設中で、4月に完成予定)
日本が戦後に輸入していたビルマ米は、
この地が拠点となって作られていたそう。

房さんたちが投資の目的としているのは、
「輸出をし、外貨を稼ぐこと」。
明治維新のような勢いで国が成長するためには、
まずは海外から技術や資本財を必要になるのだとか。
そのためミャンマーでも、まずは外貨を稼ぐため、
輸出産業に最初は投資しているそうです。

その精米所の機械も、広島のサタケの一部と、
スイスのビューラーを組み合わせ、
高性能ながら投資の額を抑えているそう。

今夜の選曲:LADY JANE / ROLLING STONES

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9422



バックナンバー