2016年03月08日

子供の学習意欲に応える、学校外教育バウチャーとは?

今井悠介さんが代表理事を務める
公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン では、
経済的な困難を抱える子供たちに、
「学校外教育バウチャー」(クーポン)を支給しています。

160308_imai_1.JPG

年間で支給される金額は、
国が算出する学校外教育の平均的な資金、
小学生:15万円、中高1~2年生:20万円、
中高3年生:30万円。自由度の高い現金ではなく、
確実に子供の教育に使用されるようにと
用途を限定したバウチャー(クーポン)にされたそう。

毎年、定員の数倍以上の応募がある「学校外教育バウチャー」
選定基準は、家庭所得の低さや子供の学習意欲強さ、などだそう。
「毎年、審査はしますが、基本的には継続を前提にしています。
 今では長い子だと4年継続しています。」とのこと。

今夜の選曲:JUST FOR A MOMENT / RUMER

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9412



バックナンバー