2016年02月23日

記録を出す選手は、怪我をしない選手!正しい動き方の大切さ。

株式会社R-body project 代表取締役の
鈴木岳さんは東京出身ですが、スキーをするため
札幌大学に進学されました。

160223_suzuki_1.JPG

この大学でのスキーの経験は、アメリカから帰国した際、
全日本スキー連盟モーグルチームの専属トレーナーとなる、
きっかけの1つになっています。
さらにその後は、上村愛子選手や、アルペンスキーのチームなど
10年に渡って務められています。

まずトレーニングを始める前には、必ず、個人個人の
筋肉のつき方、体の歪み、動きの癖などを調べるそう。
そのあとに、トレーニング内容を決定するのだとか。
「姿勢を見ますが、仁王立で動かない事は人間無いので、
 何気ない動きの中から特徴と癖を見つけていくんです」

その後鈴木さんは、スキーチームがきっかけとなり、
2012年ロンドン五輪・2014年仁川アジア競技大会では、
日本代表選手団のメディカルスタッフを務められました。

1番に大切で目指しているのは、”怪我をさせない体を作ること”。
怪我をしない選手は、記録を出す選手でもあるそう。
筋肉をつけるだけでなく、正しい関節の動きをつける、
“動きのトレーニング”が重要な要素になるのだとか。

今夜の選曲:RIDE THE RHYTHM / SLY AND THE FAMILY STONE

======================
【番組公開収録 ご招待のお知らせ】
3月10日(木)・午後7時~
丸の内 MC FORESTにて、番組の公開収録を行います。
ゲストは…廣瀬俊朗さん(ラグビー日本代表)。

このイベントに、15組30名様をご招待します。
☆ご応募はこちらから☆
======================

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9393



バックナンバー