2015年12月31日

漁師生活の現状と、今後の養殖業の課題とは。

株式会社ウエカツ水産 代表取締役の上田勝彦さん流の
おすすめの刺身の食べ方は、朝、炊きたてのお米と一緒に!

151231_uekatsu_1.JPG

上田さんが漁師をされていた時は、10トン船でシイラを、
2.5トン船で鯛、伊勢海老、ウツボなどのサイクル。
今では、中高級の売れ行きも下がっているため、
高級魚だけ採っていては生活できないのが現状なのだとか。

今後の養殖業の課題は、「餌となる魚粉と魚油」だそう。
養殖魚も食べているもので、味も匂いも変わります。
そのため、魚粉と魚油の匂いは課題で、
どこの何を選ぶかは本当に大切なのだとか。

海外では陸上養殖も出てきていますが、
日本で養殖する時は、区画漁業権がしっかりしているため
外部から新規参入ができなくなっています。

また、上田さんは、
「漁師、加工流通、消費者のそれぞれの役割が
 あやふやになってきている事も、今の水産業の弱体化に
 関係してきている」とも。

今夜の選曲:AIN’T IT A DRAG / ELO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9331



バックナンバー