2015年12月01日

日本から届けられた靴でマラソン!子供達に、健康、学校、夢を。

11月21日有明で開催された
「DREAM AS ONE.×スマイルアフリカ
プロジェクト ランニングフェスティバル」

こちらに、ソウルオリンピック男子マラソン
銀メダリストのダグラス・ワキウリさんも
参加していただきました。

151201_wakiuri_1.JPG

プロジェクトは7年目を迎え、
日本でも浸透してきています。
さらに、ナイロビ近郊にあるスラム街:キベラでは、
靴が配布されるだけでなく、学校できて、
勉強が出来るようになりました。

また、2010年に発足した
「キベラランニングクラブ」も継続しています。
将来的にはオリンピックのような
大きな舞台を夢見てほしい、とワキウリさん。

子供が労働力と思われている現地でも、
今では子供の健康状態が良くなり、病気をしなくなった事で、
親が率先して、子供を練習に出すようになっています。
「ただ靴を配るのではなく、マラソンを通じて、
 走る、勉強、夢を持ってもらう、という事が大切です」
とワキウリさん。

有明で開催された「DREAM AS ONE.×スマイルアフリカ
プロジェクト ランニングフェスティバル」
は、
2~5名が1組で3時間をつなぐ駅伝方式でした。
ケニアには、このようなマラソン方式はないそう。

今夜の選曲;IT DON’T COME EASY / RINGO STARR

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9296



バックナンバー