2015年11月26日

引退へ繋がった怪我と手術。そして、指導者へ。

日本代表として活躍された真羽闘力(まう・とうりき)さんの
ポジションは、花形のNO.8!

151126_mau_1.JPG

ラグビーには怪我がつきもので、
首から下はほとんどの箇所を怪我した、と真羽さん。
骨折による手術は13回も受け、
今でも体内にポールが入っているとか。
さらに、首の7番目の骨を折ったとも、、、

2013年、36歳で引退した真羽さん。
福岡サニックスブルズで、肘を骨折し、
手術したものの、左手の神経マヒが残り、
引退を余儀なくされたのだそう。
岩手県釜石市の伊藤剛臣選手は、40歳を超えても現役!
一緒に代表として戦った仲間がいる中で、
は引退せざるをえなくなり少し残念です、と真羽さん。

そんな真羽さんは、大阪産業大学や大阪学院大学、
株式会社丸部などでは、指導者として活動されています。
今でもラグビーに関わることができて嬉しいし、
ラグビーに恩返しができれば、と思っているとのこと。

今夜の選曲:LET IT GO / RASCAL FLATTS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9291



バックナンバー