2015年11月03日

待たれる民泊に対する法整備と規制緩和。

株式会社 百戦錬磨の代表取締役、
上山康博さんをスタジオにお迎えしています。

151103_hyakusen_1.JPG

自宅や別荘を宿泊施設として貸借りできるサービスは
アメリカを中心に拡大していますが、
各地域でさまざまな問題が起こっています。

一方日本では現在、民泊は法律で禁止されています。
ですが、民泊に対する世界的な流れを見ても、
今後、法整備進めていかなくてはなりません。

空き物件に滞在できる、百戦錬磨のサービス
”TOMARERU”では、関西/東京圏では、
約3万物件の仮申し込みを受けています。
システムは完成していますが、
法整備がされたら、実施していくとのこと。

また、今年6月に、政府による
「民泊」の規制緩和がありました。例えば、
世界から参加者が集まる”青森ねぶた祭”などの、
公共性のあるイベント開催時に、
宿泊施設不足が明らかな場合には、
地域の自治体などからの容認があれば、
期間限定で「民泊」の提供が可能になるのだそう。

今夜の選曲:YOU BELONG TO ME / BRYAN ADAMS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9266



バックナンバー