2015年08月24日

日本全国を周り、その土地ならではの花で、レイを編む。

フラワーアーティストの大谷幸生さんの著書、
「笑顔の花飾り」がポプラ社から発売されています。

150824_ohtani_1.JPG

この本は、2011年2月から2年半に及んだ
日本全国の花でレイを編んだ旅での、
47都道府県、50カ所全ての記録が書かれています。

大谷さんがハワイでレイを勉強する時に、
最初に先生にした質問は、
「トロピカルな花を使うのがルールですか?」ということ。
すると、先生は「決まりは無い」と答えたそう。

周りに咲くのがトロピカルな花である事と、
土地ごとの象徴の花 (=土地の神様の化身) を使用する
規則がある事で、「トロピカル」になっていたのだとか。
元々は、自然崇拝のハワイで生まれたレイは、
神様に踊りを捧げる時の飾りの一部でした。

日本でも生花でレイを使用する人は増えているそうですが、
レイメイカーはまだ、ごく少数なのだとか。

今夜の選曲:YOU AND YOUR HEART / JACK JOHNSON

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9182



バックナンバー