2015年08月11日

全国で一番早く人口減少が始まった島根県。そこで始まった対策とは?

「人気の移住先ランキング」今年度8位の島根県。
それでも課題はまだまだ山ほどある、と
公益財団法人・ふるさと島根定住財団
奈良井 健悟さんはおっしゃいます。

150811_narai_1.JPG

高齢化・少子化が進む事で、耕作放棄地が増えたり、
企業も後継者がいない、という状況なのだとか。
島根県の若者は、高校卒業時に広島県、
その後は大阪府、東京都へと流れてしまいます。

全国でも、約23年前から人口減少が早く進んだ島根県。
その中で出来たのが、「ふるさと島根定住財団」です。
現在は、Uターン・Iターンの手伝いや、学生の県内就職支援、
地域活性化のためのNPOなどの地域活動の支援をしています。
中でも奈良井さんは、県外の方々に
島根県への移住を提案していらっしゃいます。

移住するのは、まだ男性のが多いようですが、
田舎での生活に興味のある都会出身者や
自然の中で子育てをしたいというご家庭も多いそう。
しまねUIターン総合サイト|くらしまねっと

今夜の選曲 : THE WARMTH OF THE SUN / BEACH BOYS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9166



バックナンバー