2015年08月07日

ドキュメンタリー映画監督との出会いは、身体の傷

ドキュメンタリー映画
「フリーダ・カーロの遺品-石内都、織るように」の監督は、小谷忠典さん。

150807_ishiuchi_2.JPG

小谷さんは、学生時代に、身体の傷を撮影した
石内さんのシリーズ作品「acars」を見て、感銘を受けたそう。
さらに、小谷さんのデビュー作「LINE」は、
娼婦の身体の傷を追う作品です。その後、小谷さんから
石内さんに連絡があり、映画撮影に繋がったのだとか。

「撮影が苦手なんです」と石内さん。
いつも短い時間で勢いよく撮影し、
その後出来た作品を見て、色んな事を感じ、
ご自身を最初のお客さんだと思って、搬入までされるそう。

150807_ishiuchi_2shot_1.JPG

石内さんは昨年、日本の古き習慣「背守り」を撮影し、
展示会「幼き衣へ」を開催されました。
この作品たちを年内に写真集として完成させるのだとか。
さらに、フリーダ・カーロの遺品を撮影し、その流れから、
現在興味があるのは、20世紀を代表する、
アメリカの女性画家「ジョージア・オキーフ」だそう。

今夜の選曲;GYMNOPEDIE NO.1 / YUJI HAMAGUCHI

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9163



バックナンバー