2015年07月29日

ミュージシャンから落語家へ?イギリスでの生活で感じた事とは。

大阪で生まれた落語家:桂歌蔵さんの、落語との出会いは「本」。
落語全集など文庫を読み、覚えて披露していたのだとか。

150729_utazo_1.JPG

大学在学中は、落語研究会とはかけはなれた
ロックバンドをしていた歌蔵さんは、
弾き語りよりも、MCがウケる現状を感じつつも、
知り合いのミュージシャンを訪ね、イギリスへ。
そこで、ミュージシャンとして数ヶ月生活していた中で、
日本人である事をより一層感じ、
落語のテープが頭の中に浮かぶようになったのだとか。

そして帰国後、自分の体験した事を話したいと思い、
落語家を目指すように。元々立川流を考えていましたが、
上納金を取る等、自身とは少し合わないように感じたそう。

その後、近くに住んでいるから、と理由で、
桂歌丸師匠の自宅に直接電話。
見事面談にこぎつけ、入門することに!

今夜の選曲 : SOMETHING'S HAUNTING YOU / SHE AND HIM

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9152



バックナンバー