2015年05月25日

白と黒に囲まれて育った感性から生まれる絵。

絵本作家、アーティストの
井上奈奈さんが描くのは、主に女性と動物。
モデルを立てず、自分の中から生まれる絵のため、
気付くと女性、動物ばかりだったのだとか!

150525_inouenana_1.jpg

井上さんが出版社から出した絵本は、「さいごのぞう」が1冊目。
鉛筆が主流に書かれていますが、
世界の変わり目を表現するために
最初のページはカラー印刷ながら黒い鉛筆のみです。

井上さんのお父様は建築業を営み、
お母様はギャラリーを運営されてらっしゃいます。
そのため、部屋の家具は白と黒で統一され、
硝子や鉄など、素材を身体に感じながらの生活!
さらに、日常の中にアート活動があったのだとか。

今夜の選曲 : LUCKY NOW(LIVE) / RYAN ADAMS

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9078



バックナンバー