2015年05月06日

身近に木のある暮らしで、木のファンになる。

「森のおもちゃ美術館」の開催にご協力いただく、
東京おもちゃ美術館のチーフディレクター、
星野太郎さんをゲストにお迎えしています。

150506_hoshino_2shot.JPG

少子高齢や待機児童など様々な課題が有る今だからこそ、
色んな解決方法があって、様々な生き方がある、と
考える人が増え、「ソーシャルデザイン」が進む
世の中になっているのではないか、と星野さん。

東京おもちゃ美術館」では、
多くのボランティアの方々がおもちゃ学芸員として、
子供達におもちゃとの遊びを指南されているのだとか。
ボランティアをされているご高齢の方と子供達の交流も
「ソーシャルデザイン」に繋がっています。

東京おもちゃ美術館」の未来計画が、「木育」。
暮らしの中に木を取り入れて、親しみをもってもらう、というもの。
木のおもちゃを通して、子供たちに木を好きになって、
将来大人になって木のある暮らしに繋げてほしい、と星野さん。


「ロハスデザイン大賞 新宿御苑展」」で
5月15日(金)~17日(日)の3日間開催される
「森のおもちゃ美術館」。開放感のある中で、
大人も子供も楽しめる、おもちゃが集まります。
「いつもと違う笑顔になれる場所です。是非お越し下さい」と星野さん。
詳細はこちら

今夜の選曲 : あの頃の匂い / おおはた雄一

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9054



バックナンバー