2015年04月13日

泥んこになって、お米を作り、日本を知る

俳優の永島敏行さんの秋田での米作りは、
なんと、今年で23年!

150413_nagashima_1.JPG

そもそものきっかけは、子供が生まれた事。
泥のにまみれて育った永島さんは、
自分の子供にも泥の中で遊ばせたいと思ったのだとか。
さらに、イギリスに芝居の勉強に行った時、
「日本人って何?日本の国のアイデンティティは?」
と言われ、毎日食べている「お米」について考え、
知りたいと思ったのだそうです。

150413_nagashima_2.jpg

永島さんは秋田では「あきたこまち」、
千葉県成田では「コシヒカリ」を作られています。
土地の水などもありますが、
秋田では最後に天日干しを行っており、
より美味しくなっているのでは、と永島さん。

今夜の選曲 : QUAND DESCEND LE SOIR / CHARLES TRENET

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/9028



バックナンバー