2014年09月26日

鶏を締めて食べる、体験して考えるワークショップとは。

猟師でライターの畠山千春さんは、
料理人の志田浩一さんとのユニット「Chicken’s Kitchen」で、
鶏や合鴨を締めて食べるワークショップを開催しています。

140926_hatakeyama_2shot.JPG

食卓に来るまでの過程を知って、体験したいという人たちが集まり、
丸一日かけて行われるワークショップでは、
午前に、普段生活で口にする肉や卵についての座学と解体の勉強。
午後には実際に参加者たちだけで絞め、解体し、食すという流れです。
1回に20〜30人が参加し、10人ほどに1羽の鶏があてられます。
参加者の年齢層は、畠山さんと同じ20代〜30代が中心。

今後、畠山さん自身がやってみたいのは、
捨てられている「猪の皮」のプロダクト作り!
現在、毛皮のなめしも勉強されているそうで、
少しずつ企画が動いているようです。

今夜の選曲: EVERYBODY IS A STAR / SLY AND THE FAMILY STONE

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8798



バックナンバー