2014年09月25日

20代の狩猟女子が見た、猟師の世界。

話題の本「わたし、解体はじめました- 狩猟女子の暮らしづくり」の著者
猟師でライターの畠山千春さんは、昨年狩猟免許を取得されました。

140925_hatakeyama.JPG

「猟師」といっても、様々な生活をされている方がいらっしゃいます。
現在多いのは、畠山さんのような、農業との兼業猟師で、
鹿や猪から田畑を守るため、狩猟免許を取る方も多いのだそうです。

20代で狩猟の世界に入った畠山さん。
何も無い所から楽しい事を探してほしいと
幼少の頃、山へ連れて行ってくれたご両親の影響が大きいのだとか。

そして、沢山の種類の動物の肉を口にしてきた中で
畠山さんが美味しいと感じたのは、アナグマ、イノシシ、シカ、ウサギの順。
また、これから食べてみたいのは「ヤマドリ」!

今夜の選曲: DANCE TO THE MUSIC / SLY AND THE FAMILY STONE

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8797



バックナンバー