2014年01月07日

国際サミットの警備と準備

株式会社国際危機管理機構代表取締役社長で危機管理経営アナリストの
金重凱之さんは、1979年東京サミット、1986年東京サミット、
1993年東京サミット、2000年九州沖縄サミットの警備に携われて
いらっしゃいます。

九州沖縄の時は、全国から警備部隊幹部を事前に夏の沖縄に集めて、
その暑さを体験してもらい、この暑い中で警備をしないといけない
ことを、肝に銘じてもらったそう。大切な事前対策ですね。
そのほか、山岳警備の際にハブに咬まれる可能性もあるので、本土で
ハブの変わりにアオダイショウで訓練をしたりも!
また健康面も大事。とくに衣食住の食。九州沖縄サミット時は2万人の
食事が必要で、2万食×1日3食=1日6万食!この食材をどこから調達
するのかが大変だったそうです。

nsc_tue.JPG


今夜の選曲: JAMES BOND THEME (SOUNDTRACKより)

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8495



バックナンバー