2013年09月26日

子供達に音楽を聴いてもらうライフワークで、逆に学ぶ

Conguero Tres Hoofersのギタリスト、渥美幸裕さんは、
保育園や小学校でJAZZやスタンダードの演奏活動をされています。
いつもやっている曲をそのまま感じてほしいので、子供向けなのに
童謡を演奏しない…これには理由があるそうで、
本気でやって本当のグルーブを感じてもらいたいから。
子供たちは音楽の知識が真っ新なので、楽しかったら楽しいし
つまらなかったら飽きちゃいます。
渥美さんがちょっとでも気を抜くと、子供はふらっと出て行きます。
本気がバレちゃうんですね。

三鷹の小学校で即興表現のカリキュラムを2年間教えていたことも。
自分の好きなテーマ(星とか海とか何でも)を決めてもらい、
即興演奏してもらうんだそう。それには渥美さんが加わったり、
友達同士でチームを組んだり…
子供たちと関わることによって学ぶことが多いそう。

atsumi_thu.JPG


今夜の選曲: TIME / Conguero Tres Hoofers

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8379



バックナンバー