2013年04月04日

白い嘘と黒い嘘

ジャレド・ダイアモンドさんと対談された、生物学者の福岡伸一さん
ダイアモンドさんは、嘘をついてはイケナイというのが徳目の上の方に
来ている社会は、そんなにも無いといっているそう。

ニューギニアでも研究をしていたダイアモンドさん。
あるとき、ニューギニアに油田が出て、アメリカ人が利権を求めて
エリート弁護士を連れてやってきて、ずるい契約をしようとしたそう。
いざ交渉を始めましたが、次の日になったら、ニューギニアの人たちは
そんなこと聞いてない!と変えてきて、アメリカ人たちは頭を抱え翻弄。
結局、現地の人たちに有利な契約になったそうです。

嘘をつくこと、それ自体が問題なのではなく、
自分たちがどう生き抜くか、自分たちのものを守るかに関しては
嘘をついてもいいという基準で生き抜いている。
だから、嘘をついてはイケナイというのが徳目の上の方に
来ている社会は、そんなにスタンダードではないのかもしれない…と
ダイアモンドさんはおっしゃっていたそうです。

fukuoka04_thu.JPG


今夜の選曲: A HARD RISIN' MORNING WITHOUT BREAKFAST
/CHICAGO

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8176



バックナンバー