2013年04月02日

展覧会における、リ・クリエイト

生物学者の福岡伸一さんは、フェルメールセンター銀座の館長。
去年はフェルメール、今年は葛飾北斎の展覧会を監修、いずれも
リ・クリエイトという手法で作品を紹介されました。
ここでも動的(動いている)がキーワード。美術は止っているものを
じっと楽しむものでしたが、必ずしもそうではなく、
絵の向こう側に想像を広げたり、次の瞬間どう動くかを考えたり
するのが面白いそう。
フェルメールも、その場の一瞬を書き留めて見せてくれ、そこから
はじまる時間を想像しながら絵を見る提案をしてくれています。
北斎はフェルメール以上に動的を求めていて、この展覧会では
絵にタブレットPCを近づけると、タブレットPCの中の
海が波打ったりする手法を取り入れていらっしゃいます。

fukuoka04_tue.JPG

今夜の選曲: SOMETHING TO MAKE YOU HAPPY
/ DAVE MASON&CASS ELLIOT

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8174



バックナンバー