2013年02月08日

北斎を見る時の3つのポイント

今週は、生物学者福岡伸一さんをゲストに、
丸の内MCフォレストでの公開収録の模様をお送りしました。

最後に、福岡さんには生物学者ならではの視点で北斎の作品について。
3つの視点から見ると北斎を楽しめるそうです。

<北斎ブルー>
akafuji.jpg
どの画家も青を何とか絵に取り入れたいと戦ってきました。
美しいベロ藍、それが北斎ブルー。

<動的平衡>
kirifuri.jpg
絵としてはもちろん留まっていますが常に動いている様子を
描いています。

<遠近法>
suwako.jpg
非情に大胆なデフォルメ、遠近法。


現在「フェルメール・センター銀座」で、
リ・クリエイトという技術を使った北斎作品を展示した、
「あっぱれ北斎!光の王国展」が開催されています。
現代に蘇った書いた当時の北斎ブルーを見に行ってみては?
fukuokamc_fri1.JPG


今夜の選曲: THE NIGHT WATCH / KING CRIMSON

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/8113



バックナンバー