2012年02月15日

震災後、自分に何が出来るのか

共作の絵本「ダンスアース」を出された、EXILEのパフォーマーUSAさんと、絵本作家のぶみさんが今週のゲストです。

去年の3月11日の東日本大震災以降、お二人も表現者の一人として様々なことを考え、活動をされてきました。
のぶみさんは石巻や福島でボランティア。福島のお母さんたちとお話をしたときに「子供に何かあったら、ごめんとしか言いようがない…」という話しを聞いて胸にグッと来るものがあったそうです。そんなのぶみさんの被災地でのボランティア活動記が「上を向いて歩こう!」という本になって発売になっています。

USAさんは、震災直後は正直、踊っている場合じゃない…人生初の踊れない時があったとか。そのときに泥かきなどのボランティアに行って、この人たちのために踊ることをやって行きたいと思って、子供たちに踊りを教えに行ったりしたそうです。心が閉じていると体が固くなって、体が固くなると心も閉じて…と、心と体は繋がっています。体がほぐれると心もほぐれてきます。悲しいときに踊るのも大変なので、足踏みからスタートしたそうです。

usanobu_wed.JPG


今夜の選曲: KEEP YOUR COOL / TERRY&THE CHAIN REACTION

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7699



バックナンバー