2011年12月15日

さらなる深化をとげた福岡生命論の決定版「動的平衡2」

分子生物学者の福岡伸一さんの著書で、2008年発売以来10万部のロングセラーとなっている「動的平衡」の続編「動的平衡2」が、12月10日に発売されました。

福岡先生曰く「さらに進化した動的平衡理論を、生命にまつわるテーマを拾いながらより深く考えてみた本」! douteki2.jpg

本の決め文句は「生命よ、自由であれ!」。生命はいろいろな環境からの制限などで縛られているように見えますが、実は出来るだけさぼろうとしているし、遊んでいる個体もあるそうです。だからといって、その個体が罰せられることもありません。福岡先生はこうもお考えで…例えば17年蝉。17年間地中にいて最後の一週間だけ地上で命を謳歌しているように捉えられていますが、本当は地下でぬくぬくと人生を過ごしているのではないか…と。

fuku_thu.JPG

staff| 20:48 | トラックバック(0) | カテゴリー:ゲストトーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.j-wave.co.jp/cgi-bin/podcast/mt-tb.cgi/7627



バックナンバー